ホーム > 交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療に自信があります
交通事故治療に自信があります 当院では、鞭打ち・交通事故からくる様々な症状の臨床を重ね、事故治療を専門に行っています。
交通事故障害は、これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝撃によって全身の筋肉のバランスが崩れる場合がほとんどといえます。

当院は、全身の筋肉のバランス調整を得意としています。事故の状況やケガの症状その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人の症状に合わせた治療を行います。

前日までにご予約してもらえれば、水曜日でも治療可能です。

交通事故の治療のブログはこちらから
 
交通事故に逢ったら…
加害者の確定
加害者の確定
加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認。車のナンバーも必ず控えておきましょう。
出来れば加害者の職場の電話番号も確認しておいてください。
事故現場の保全交通事故現場を確認し、見取り図を作成したり、写真(交通事故車・現場)を撮っておくことが大切です。
これは事故当時記憶が薄れたり、現場の様子が一変してしまうこともあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。 
 
警察への届出
警察への届出
加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。その時は症状が出ていなくても、後々痛みがでることもあります。
必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。これは保険金の請求手続きの際に必要になります。
 
専門家の診察を受ける
専門家の診察を受ける
“大したことはない”と思っていても、意外に重症である場合もあります。
事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ提出してください。

診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。
診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。
自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。
搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、請求することができます。
 
自分の保険会社への事故報告
自分の保険会社への事故報告
保険会社の担当に通院する接骨院を伝えてください。
あくまでも通院する院は患者さんが決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか通院できないということはありません。
途中から病院を変えることができます。
保険会社の担当者が「整骨院はダメです」と言われた際は、院に連絡してもらえればこちらから担当者に連絡し治療出来るように伝えます。
分からないことがあれば何でもご相談ください。
 
治療費はかかりません!
交通事故治療で相手側の自賠責保険や任意保険利用で通院した場合、以下の内容が支払われます。
治療費関係
診察、入院、投薬、手術、治療にかかる費用及び診断書の発行にかかる費用通院にかかる交通費(タクシー代など)
文書科
交通事故証明書、被害者側の印鑑証明、住民票等
休業損害
原則として1日5,700円。立証資料等によりこれを超えることが明らかな場合、1日につき19,000円を限度としてその実額が支払われます。
※専業主婦の方も請求が可能です
慰謝料
1日につき4,200円が支払われます。


交通事故治療の院長ブログご覧ください。
アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら