スタッフブログ

2012年2月29日 水曜日

ぎっくり腰注意報   ひらの針灸接骨院

おはようございます。院長の平野です。

そろそろ花粉症の季節になりましたが(花粉症については後日ブログにて)、
また先週より、ぎっくり腰で来院する患者様が増えております

「ぎっくり腰」は、急に重いものを持ち上げたり、身体をねじったりしたときに起こる激しい腰痛のことをいいます。「ぎっくり腰」という病名は正式なものではなく、正式名は急性腰痛症(腰部捻挫)となります。原因は、腰まわりの筋肉や筋膜の一部が切れてしまうことが考えられます。そのキッカケとなるのが重い物を持ち上げたり、 体をひねったりしたときとされています。また、起きぬけに「ぎっくり腰」になる人も多いでしょう。他にも咳をしたとき、中腰になっただけで起こることもあります。さらに、最近では長時間デスクワークをしている人にも、この病気が増えています。このように、起きぬけやデスクワークが原因とされるのには理由があります。どちらの場合も、寝ていたり座っている姿勢から急に起き上がったり、立ち上がったりすることで筋肉に急激な運動をさせることになります。それが、「ぎっくり腰」の引き金になるのです。

「ぎっくり腰」の主な症状は、強烈な腰痛です。激痛のため、背筋を伸ばして歩くことができず、背中を丸めて腰を曲げた状態でしか歩けなくなったりします。また、歩くたびに腰に響くため、ゆっくりペースで歩くようになります。一般的には中腰でのモノの持ち上げや急な立ち上がり、寒い場所での労働時などに症状があらわれます。腰の左右どちらかに症状が見られることも「ぎっくり腰」の特徴といえるでしょう。症状の程度も軽いものから重いものまでさまざまで、腰ベルトを使えば歩ける程度もあれば、立つことさえままならず、ずり這いでなければ移動できないほど重症のケースもあります。

「ぎっくり腰」の場合は、問診と視診、触診で診断がつくので、他に特別な検査をする必要はないでしょう。症状が改善しないときは、早めに受診しましょう。時に腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などがみられる場合もあります。

「ぎっくり腰」の急性期には安静にアイシング(風呂に入るなど絶対暖めないで下さい)が一番ですが、当院では針治療に骨盤矯正に腰部の固定治療を行います。この治療で痛みが治まったら、牽引や温熱療法などを行っていきます。このほか、自宅でもできる腰痛体操の指導、加えて再発しないためのアドバイスをします。

「ぎっくり腰」という病気は、本当に急におそってきます。休日や夜間など病院が閉まっていて受診出来ない時は、本人はもちろん、周囲の人も慌てずに対応することが大切です。安静を第一にして痛みのある側を上にして横になります。うつ伏せの場合は必ず枕や毛布などを腹の下に入れて、腰を浮かせるようにしてください。横になったら、患部を冷やします。冷すと血管を縮めて、一時的に血行不良を起こした状態にして炎症を抑えることができます。なので、入浴は避けたほうがいいですが、軽めのシャワーなら構いません。冷やす方法は、氷をビニール袋などに入れて、患部のまわりをやさしくマッサージするように動かしましょう。1回10~15分程度、痛み和らぐまで行ってください。これで、かなり痛みが軽減されます。

当院は土曜日午後の診療、祝日午前中の診療もやっております。
このぎっくり腰、毎年季節の変わり目の春、秋に多くみられる傾向ですがみなさんお気をつけ下さい。  

投稿者 ひらの針灸接骨院 | 記事URL

2012年2月27日 月曜日

京都駅で婦人会ランチ♪(右京区嵯峨野の接骨院)

image1 image2 image3
image4 image5 image6
25日土曜日sprinkle、年に一度の「婦人会総会」があり
総会後、フルコースラのランチrestaurantcafeを食べましたheart04

話に夢中になり「スープの写真cameraを、撮り忘れましたが・・・bearing
目でも、舌でも味わいながら~贅沢なひとときshineを、過ごしましたheart02

話題は、もっぱらダイエットで、私同様「骨盤まくら」は、
効果ありnotesの話もきけました・・・(根気良く、続けてみよう・・・confident

春は「シャーベットカラーshineが流行りそうですねheart04
私の洋服は大半が「着やせして見える」ばっかりなので・・coldsweats01
運動もして、贅肉を引き締めて・・・
春らしい色notesも着てみたいものです・・・lovely      スタッフ「Ynote
 

投稿者 ひらの針灸接骨院 | 記事URL

2012年2月24日 金曜日

満開でした・・・♪  (嵯峨野の接骨院)

蝋梅の花が 満開でしたshine

image1 image2

毎年 12月終わり頃から3月頃まで 蝋梅の花が
満開になりますlovely
とっても 甘い いい香りがしますheart04
寒い冬にsnow自転車で走ってるとbicycle
何処からか蝋梅の甘い香りが漂ってくるとflair
すごく嬉しくなりますnotes

また来年 かわいい花と香りを届けてくれるのを
楽しみに・・・confident   「M」


 

投稿者 ひらの針灸接骨院 | 記事URL

2012年2月22日 水曜日

ノロウイルスに注意    太秦近くの針灸接骨院

最近インフルエンザが急増しています。そのニュースの陰でノロウイルスによる患者も激増しています。

ノロウイルスとは・・・

 ● ノロウイルス感染症の特徴 

    ノロウイルスとロタウイルスはともに下痢、嘔吐を主徴とする胃腸炎をおこしますが、ノロウイルスはロタウイルスに比べ、幅広い年齢層に罹患する傾向があります。
    秋から年末にかけてはノロウイルスが、1月から4月にかけてはロタウイルスが主に流行します。
    ノロウイルスは、カキ等の二枚貝の生食による食中毒がよく知られていますが、 わずかなウイルスが口の中に入るだけでも感染する為、ヒトからヒトへの感染力も非常に強いウイルスです。
    乳児期から成人まで幅広く感染します。嘔気、嘔吐、下痢が主症状で、一般に症状は軽症です。ただし、老人や免疫力の低下した乳児では重症化して死亡することもあります。
    保育所、幼稚園、小学校などの小児や、病院、老人ホーム、福祉施設などの成人でも集団発生がみられることがあり、注意が必要です。

● 感染経路

   ノロウイルスの感染はほとんどが経口感染(口から体内に入り感染)であり、次のような経路があると考えられています。
 
 ・ウイルスに汚染された貝類を、生あるいは十分に加熱しないで食べた場合
        調理台や調理器具がウイルスに汚染されていたり、ウイルスに感染した人が食品を取り扱うことにより、二次的に汚染された食品を食べた場合
   ・感染者を看病したり、患者の吐物、便などから直接感染するヒト‐ヒト間の感染

● 症 状

    潜伏期間(感染から発症までの時間)は24から48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度です。
    通常、これらの症状が1から2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。
    感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。
    激しい嘔吐や下痢により急激に水分を失いますので、特に乳幼児や高齢者では脱水症状に気をつける必要があります。

● 治療方法

    現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。
    脱水症を防ぐため、市販のイオン飲料等で水分を補給する必要があります。
    飲んでも吐いてしまう場合は、 早めに医療機関を受診してください。
    下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しません。

● 予防方法

    日頃からの予防方法としては、食事前やトイレの後などにおいて、せっけんを使ってしっかりと手を洗うことが大切です。
    食品中のウイルスは加熱により感染性をなくすことができます。食品の中心温度が 85℃ 1分以上になるようにしっかり熱を通して食べましょう。
    下痢や嘔吐などの症状がある人は、食品を取り扱う作業を控えましょう。

● 二次感染を防ぐために

    患者の下痢便や嘔吐物には大量のウイルスが含まれていますので、その処理には十分注意する必要があります。 乾燥した嘔吐物や下痢便のかけらが風に乗って舞い上がり、そばを通ったヒトが吸い込んだり、その人の体に付着し最終的に飲み込むことによって感染する場合があります。
    下痢の症状がなくなった後も、患者の便にはしばらくウイルスの排出が続くと考えられますので、症状が治まっても安心はできません。汚物を処理する際には使い捨ての手袋を使用し、用便後や調理前の手洗いを徹底しましょう。
    殺菌には熱湯あるいは0.05から0.1%の次亜塩素酸ナトリウムを使用します。アルコールや逆性石鹸にはあまり殺菌効果はありません。
    調理器具、衣類、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。
    市販の塩素系漂白剤(通常は5から10%次亜塩素酸ナトリウム)なら50倍から100倍に薄めて使用します(例えば、原液10ミリリットルを1リットルの水で薄める)。
    汚物の処理方法

        患者の便や嘔吐物を処理するときは、使い捨ての手袋とマスクを着用する。
        便や嘔吐物はペーパータオル等で取り除き、ビニール袋に入れる。
        残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、その上から50倍から100倍に薄めた市販の塩素系漂白剤を十分浸るように注ぎ、汚染場所を広げないようにペーパータオルでよく拭く。
        ウイルスは乾燥すると空気中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、便や嘔吐物を乾燥させないことが重要。
  (愛媛県感染症情報センター参照)

 上記の通り、経口感染ですので手洗いと食品を加熱して食べることにより予防できます。
 当院も感染を防ぐため院内の備品の消毒、来院時に手指の消毒をお願いしております。                 院長

投稿者 ひらの針灸接骨院 | 記事URL

2012年2月20日 月曜日

帷子ノ辻付近で、コーヒーのはしご♪ (右京区嵯峨野の接骨院ブログ)

接骨院の仕事終わりに、
太秦中バスケ部basketball時代の友達と、
「美味しいコーヒーcafeが飲める所で、ランチをしようnotesということになり、
大映通りの「萩さん」で、
私は「ハンバーガーランチfastfood
友達は「アイスクリームと
蜂蜜のトーストbread
を、食べましたrestaurant
久しぶりの穏やかな天気sunと・・
ドリンクバーではない「美味しいshineコーヒーcafeで、話は尽きず・・・
train駅前の喫茶店「スマートさん」でも、もう一杯だけ、美味しいコーヒーcafeを飲みheart04
優雅な午後のひと時heart02を過ごしましたconfident
ささやかな、  プチ贅沢でリフレッシュshine  して・・・
「また一週間・・・・家事も仕事も、頑張ろうsign03と思えます・・wink
いい友達に恵まれ・・日々、感謝heart04です・・      スタッフ「Ynote



 


 

投稿者 ひらの針灸接骨院 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら