スタッフブログ

2019年11月 2日 土曜日

ギックリ腰注意報!3連休も治療中!

おはようございます、京都市右京区かたびらのつじ駅「ひらの針灸接骨院」院長の平野です。

あなたはその腰痛がなくなったら何がしたいですか?

本日の予約状況ですが、午前9時30分、11時30分、午後は3時半、4時、5時にご予約可能です。


今日からの3連休も休みなく治療しております

本日は18時まで、明日明後日は午前中の治療となります。

最終電話受付は治療終了時間の1時間前まで、

最終治療受付は30分前までです。


07586147545

電話をかける・24時間ネット予約

治療時間・アクセス・ガレージ

当院が初めての方へ

予約について

交通事故治療


ここまでが、予約などの最新情報です。




ようこそ~
















さて、最近急に寒くなりましたね。

朝晩の冷え込みは、本当に寒い。

そのせいか、ぎっくり腰が急増しております。

昨日は仕事出勤前のお父さんから高校生まで。涙


ぎっくり腰は腰の周りの筋肉や筋膜が一部切れた状態のことです。

腰骨や骨盤がズレたり外れたりしません。

一番楽な態勢で寝ていれば、必ずそのうち動けるようになります。

もう一度言います。

必ず治ります。

だから怖がる必要も無いです。


 




大きな声では言えませんが、病院.接骨院に行かなくても治ります。

ただ、1人暮らしで全く動けないのなら救急車呼んで下さい。

そうではなく、痛みを早く治してほしい、仕事に行かないといけない、子育て中でなど、

ゆっくり横になることが出来ない人は、薬を飲んだり通院して下さい。



ぎっくり腰


過去のブログもどうぞ

ぎっくり腰



普段から運動していようが、筋肉が強かろうが、身体が柔らかろうが、

経験者で気を付けていようが、ぎっくり腰になります。

なぜでしょう?


1ついえることは、防ぎようがないってことです。

なる人はなる、ならない人はならない。

運がいいか悪いかの差だと思います。

なったら治せばいい。

そう思って、折角の連休は元気に動いてください!

行ってらっしゃいーー





身体が固くてもぎっくり腰知らずの院長でした^^

では今日もご機嫌さんな一日を^^





それでも仕事を休めない、辛いですねー涙


闘う戦士たちへ愛をこめて


 


投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら