スタッフブログ

2019年8月 7日 水曜日

手術は必要か?否か??

おはようございます、京都市右京区かたびらのつじ駅「ひらの針灸接骨院」院長の平野です。

あなたはその腰痛がなくなったら何がしたいですか?

本日は水曜日にて定休日です。

お間違いなきようよろしくお願いいたします。

明日からのご予約は、下記ネットか明日朝8時より電話受付開始します。


0758614755

電話をかける・24時間ネット予約

治療時間・アクセス・ガレージ

当院が初めての方へ

予約について

交通事故治療


ここまでが予約などの最新情報です。


 

ようこそ~















さて、よくこんなことを聞かれます。


「これ手術してよくなりますか?」

「この腰、手術して痛みや痺れはなくなりますか?」

「何日入院して、いつから歩けるようになりますか?」


私。

「分かりません、手術して下さる先生に聞いてください・・・」


どこの病院の何という先生に手術を勧められたのか分かりませんが、

そんなこと安易に答えられません。

ただ、痛みが出だしたばかりで何の治療もしていないのに、即手術を勧められるのは、

よっぽど悪い状態(他疾患)か、手術したい先生でしょう。


変形性膝関節症、頚部・腰部のヘルニアや脊柱管狭窄症の場合でも、

凄くよくなり痛み無くなった人もおられるし、

全然変わらない、余計に悪くなった人もおられる。

なので、私が手術したほうがいい、しない方がいい、なんて言えません。


「私なら、その手術はしません」

「私なら、あの先生が執刀して下さるのなら手術します」


言えても、ここまで。

3人ほどのセカンドオピニオンを受けて、どうしても手術が必要ならの話です。

基本、薬も飲みたくない男ですから。




手術するかどうかは、自分が決めることが出来ます。


最後は自分で決めて、自己責任です。

よく考えて下さい。




注射も大嫌いな院長でした^^

では今日もご機嫌さんな一日を^^

 




週刊現代32・33号より勝手に借用

すみません。


買って観てみて下さい。




 


投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら