スタッフブログ

2019年7月17日 水曜日

「私の旦那、何も出来ないんです。」

おはようございます、京都市右京区かたびらのつじ駅「ひらの針灸接骨院」院長の平野です。

あなたはその腰痛がなくなったら何がしたいですか?

本日は水曜日にて定休日です。

お間違いなきようよろしくお願いいたします。

明日からのご予約は、下記ネットか明日朝8時より電話受付開始します。


0758614755

電話をかける・24時間ネット予約

治療時間・アクセス・ガレージ

当院が初めての方へ

予約について

交通事故治療


ここまでが、予約などの最新情報です。



ようこそ~
















さて、また今日も嫌われること書きます。


でも、皆さんが思っていても言わないだけで本当のことです。

いや、本当のことだと思います。少なくとも私は。



私の旦那、何も出来ないんです」と言う奥さん、


それって、自慢ですか?



もう一度言いますよ~

私が全部やってあげて、旦那さんは全く何もしなくていい、


私は主婦の鏡ってアピールですか?




旦那さんの身体が不自由なら仕方ない、謝ります。

でもそうではないのなら、他人が聞いたらただの自慢です。


100歳の爺さんでも元気なら、何でも出来ます。

上京した大学生でも、独身の男たちでも、奥さんがいる男でも、私でも何でも出来ます。


何も出来ない旦那を作っているのは、奥さんあなたです。

あなたが好きでそうさせたのです。

それを旦那さんが悪いように言わないで欲しい。


治療所でもこの言葉をよく耳にするんです。

という事は、その人は他でも言っているはずです。


旦那は嫌われ文句ばかり言われてばかりですが、

自分の子供のことはそんなこと言わないはず。

子どもの悪口を言われたら腹立ちませんか?

違いますか?



もう一度言います。

旦那さん、男は何でも出来るんです!

いざとなったら何でも出来ます。



お茶、お花、料理、掃除でも裁縫でも、先生はみんな男です。

寿司屋でも料理屋でもイタリアンでもパン屋でも男が作っています。

やれば出来るんです。

当たり前です。




背中のやる気スイッチを押してあげてください。

そして褒めてあげてください。

褒められれば伸びるんです。



「助かったわ~」

「ちょっと辛いけど美味しいわ~」

「ちゃんと洗えてないけど嬉しいわ~」

どこでもいいし褒めてあげてください。(笑)


そして、自分が入院しても困らない旦那さんを作って下さい。

以上。





1人で外食も出来ない、自分の服を自分で選んで買えない、一人で行動できない。

そんな大人に育てないように。

そんな男にならないように。

願います。



いつか書かなくてはいけない、と思っていた院長でした^^

では今日もご機嫌さんな一日を^^





頑張れ!おとうさん~


 



投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら