スタッフブログ

2019年5月10日 金曜日

連休から「ぎっくり腰」多いですよ。

おはようございます、京都市右京区かたびらのつじ駅「ひらの針灸接骨院」院長の平野です。

あなたはその腰痛がなくなったら何がしたいですか?

本日の予約状況ですが、午前9時半、10時半以降、午後は4時45分以降にご予約可能です。

今朝も肌寒いですが、暖かい一日になりそうです^^

休みの人は外に出て歩きましょう~


0758614755

電話をかける・24時間ネット予約

治療時間・アクセス・ガレージ

当院が初めての方へ

予約について

交通事故治療


ここまでが、予約などの最新情報です。


 

ようこそ~















さて、また「ぎっくり腰」の患者さん増えています。

何故?

多分連休前に寒波が来たのと、連休で普段やらないことをしたからでしょう。

といっても、何でもない原因でぎっくり腰は起こりますのでたまたま多いだけかも分かりません。


咳をした、下の物を取ろうとした、振り向いた、車に乗ろうとした、トイレから立ち上がった時など

こんなことでぎっくり腰になるの?」と言って来院されます。


そしてこう続きます。

動けるし、ぎっくり腰ではないんですけど痛いです


いやいやいや、それぎっくり腰です。

初動の動作時、中腰時、歩行時の激痛はぎっくり腰の特徴です。

(朝起き上がれない、靴下が履けない、座っていて立ち上がる時に痛い、下の物が拾えない、咳をすると激痛がくる・・・)

そして、寝ていれば痛くない、押しても痛くない、立ってしまえば歩ける。



どうですか?

上に書いたことが3つもあれば間違いなくぎっくり腰です。

(時にヘルニアなどの気質的な疾患や、内蔵疾患があることもあります)

これくらいの痛みだからと我慢していれば治ることもあります。

でも、最初の3日間は安静にしましょう。

それでも治らないなら当院にご相談ください。

いや、動けるならなるだけ早く受診してください。


ぎっくり腰は必ず治ります。

安心して治療して、そして動ける範囲で動いていきましょう。





先日椅子から立ち上がる時にぎっくり腰になりかけた院長でした汗

では今日もご機嫌さんな一日を^^

 

 

痛いですよね~~

でも大丈夫。

それは動いて無理したらダメですよ~

と、脳が指示しているだけですから^^




 



投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら