スタッフブログ

2018年9月11日 火曜日

朝からお腹が痛いから仕事を休む・・・??

おはようございます、京都市右京区かたびらのつじ駅「ひらの針灸接骨院」院長の平野です。

あなたはその腰痛がなくなったら何がしたいですか?

今日もお疲れ様です。

本日の予約状況ですが、午前9時、10時、10時45分以降、午後は4時15分以降にご予約可能です。

今朝は日の出を見ようと早く出たが雲で見れず、

1時間早く6時に院に入りました。(現在6時15分)笑


0758614755

電話をかける・24時間ネット予約

治療時間・アクセス・ガレージ

当院が初めての方へ

予約について


ここまでが、予約などの最新情報です。


ようこそ~















さて、朝起きたら身体が重い、頭痛い、お腹痛いって、みんなありますよね。

そうです、誰でもあること。普通のこと。

みんな何かしらの痛み、辛さの中毎日仕事に向かっているはずです。



でも、それで仕事休む人がいるらしいんです。

「お腹痛いので今日は休みます」と。 子どもか?

聞いた時はビックリしました!

一年に1回ぐらいなら、仕方ないな~で済まされます。

が、こんな人は月に何回も朝から突然休み周りの人達に迷惑をかけています。

はい、常習犯です。

仕事がちゃんと回るように最小の人数でシフトを組んでいるのに、朝から休む。

急性の食中毒などの腹痛、結石の痛み、ぎっくり腰などで動けないなら仕方ないこともあるかも。


でも、ちょっと痛いから休むなんてあり得ない。

こんな人とは仕事したくないですね。

当日仕事に来るかどうかも分からない同僚。

そんな人いらない、会社にもいらないはず。


私は小学校の時に一日休んだだけ。

高校の時は早退の常習犯で、謹慎1週間頂いたので休みましたが・・(笑)

この院開業してから26年、虫垂炎と急性胃潰瘍で突然入院した以外急な休みはありません。

どちらも大した病気ではないので直ぐに退院して4日目には仕事に戻りました。

当たり前のことと思っています。

自営だから、サラリーだからは関係ない。

その人の気持ち次第。

仕事が好きか嫌いなだけ。




周りに迷惑かけてもいい、有休使っているんだし周りのことなんて知ったことではない。

それくらい大物になりたい院長でした^^ 嫌じゃ~

では今日もご機嫌さんな一日を^^




職人さんも休まないだろうな~


でもぎっくり腰の時は休んでくださいね






 


投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら