スタッフブログ

2018年3月31日 土曜日

腰痛の人は、ベルトを反対に巻いてみよう

今日もお疲れ様です。

おはようございます、京都市右京区かたびらのつじ駅「ひらの針灸接骨院」院長の平野です。

あなたはその腰痛がなくなったら何がしたいですか?

本日の予約状況ですが、午前9時、10時以降、午後は4時半、5時にご予約可能です。(午前7時現在)

交通事故、ぎっくり腰、ケガ、そのほか身体の不調などありましたら、一人で悩んでいるよりお電話ください。

国家資格を持つ院長がご相談にのります。


0758614755

電話をかける・24時間ネット予約

治療時間・アクセス・ガレージ

当院が初めての方へ

予約について


ここまでが、予約などの最新情報です。


ようこそ~













さて、先日ぎっくり腰で来院中の患者さんに教えられたことがありました。

思い出させてもらった、と言った方がいいでしょうか。

「ベルトを反対に回してるんです」

「これで一気に痛みが軽減しました」


あ~~25年前に研修に通っていたスパイラルテープの理論だ、と思い出しました。

ぎっくり首の時に首にタオルを巻くときはそう指導していたのに、腰のことを忘れていました汗


スパイラルテープの理論で行くと、地球上には重力がある。

その重力に逆らって立っている人間はらせん状にゆがみが来る。

そのらせん状にテーピングすることによりゆがみ、痛みを除去する。

それが左回りである。

自分から観たら右回りに巻くことで、身体が治っていく。


言葉では分かりにくいので下の写真を観てください。

おへそから右側に巻いて回り反対か上に乗せる。

とにかく、こう撒いて前屈してみて下さい。

擦る前と変わっているはずです。


腰痛の人はベルトを反対に巻いてみて下さい。



腰痛はない院長でした^^

では今日もご機嫌さんな一日を^^




 

信じる者は・・・



 


投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら