スタッフブログ

2018年1月30日 火曜日

骨は強くなる。

今日もお疲れ様です。

おはようございます、京都市右京区かたびらのつじ駅前「ひらの針灸接骨院」院長の平野です。

あなたはその腰痛がなくなったら何がしたいですか?

本日の予約状況ですが、午前10時15分以降、午後は飛び飛びですのでお電話ください

朝は寒い、そしてインフルエンザも流行っているようです。

人混みは避けてくださいね。


0758614755

電話をかける・24時間ネット予約

治療時間・アクセス・ガレージ

当院が初めての方へ

予約について



ここまでが、予約などの最新情報です。

 

ようこそ~













さて、先日久しぶりの患者さんが来院されました。

去年転倒し手首の骨を2本とも骨折してしまい手術して、

まだプレートが入っていて病院でリハビリ中でした。

当院には、急に腰を痛めて来院されました。


こんな感じで、転倒したり尻もちすると骨折することがあります。

その骨折するのが嫌、恐いので皆さん骨に「不安を感じている」人が多いようです。

でも、骨の健康のために食事、運動、日光浴などをやっているかというとやっていない人が多い。

日ごろからジムに通ったり、ウォーキングなどしている人は骨は強いはずです。

(でも時に運動している人でも食事が悪かったり病気などで骨密度が低い人がいます)


普段運動というか、身体を動かさない人は骨は弱くなりやすいので食事に気を使っていると思います。

骨を強くするのはカルシウムですね。

でもカルシウムだけでなく、ビタミンDビタミンK2を合わせて摂るといいようです。

(昔はカルシウム、マグネシウムと言っていたんですけどね~)


そして、幾つになっても運動したり食事に気を付け生活習慣を変えると骨は強くなります

若いうちにそういう生活に変えていくといいでしょう。

歩きましょう~



最近少し歩くことを意識している院長でした^^

では今日もご機嫌さんな一日を^^

 



きれいに骨折していますね~

足の小指の上の方ですよ。


この第5中足骨、手首、肋骨の骨折が多いですね。

どの骨折も治ります。

ただ、高齢でしりもちをついて腰椎などの圧迫骨折は治りにくいです。

なので、転ぶときは前に転ぶこと

そして手を付くこと。




 


投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら