スタッフブログ

2015年8月21日 金曜日

脳で劇的に治った腰痛 京都市右京区「ひらの針灸接骨院」

おはようございます、院長の平野です^^

今朝も雨、降り出したらよく降りますね~

昨日嬉しい報告がありました。

先日ブログで紹介した「脳で治す慢性腰痛」のDVD

患者様にお貸しして観てもらったら

なんと数日後30秒も座れなかったヘルニアの痛みが激減し、自分で運転して来院されました。

S様のFBより転記

長引く腰痛、リハビリに通う整体師からNHKで放送された最新腰痛治療法のビデオを貰った、治療に通う中で毎回症状を伝え、脊髄専門医の所見等詳しく話している中で、斎藤さん、これ見といて~!と渡された。内容は『DLPFC』脳の機能の中で痛みが出たら痛いと感じる指令をだし、治まると痛みがない指令を出すらしい。そのDLPFCがある最初の強烈な痛みが続くうちに恐怖となり、ストレスを引き起こしDLPFCの機能を低下させる、すると幻の痛みがいつまでも続く悪循環に陥る~? えぇ~身に覚えがある~ 
①くしゃみが怖い
②椅子に座るのが怖い
③トイレの便座が怖い
これらの恐怖がストレスとなりDLPFCの働きを低下させ、痛みの原因が無くなった後も完治した指令を出さない!
もう一つ、ヘルニアの患者の90%は手術は必要無い~? リハビリと心理療法で治せると言う内容です。 おおかたのヘルニアは引っ込む?未だに痛みが続く?椅子に座れない?
考え方を変えて『もう治った』『痛くない』と思い込もう。19日(水)脊髄専門医と手術したほうが良いか?見ていただく予定だが、手術はしないで治す方向にしようと思っている。うまく自分の脳を洗脳出来るかな~?

ここまで

手術はしないことになったと聞きました。

もう私もびっくり、本当に嬉しい出来事でした。

本当にこんなこともあるんですね^^

治らないと思っていると本当に治らなくなりますよ。

「病は気から」ではなく、脳からかも・・・


  この画像クリックしても観れません。


投稿者 ひらの針灸接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

アクセス

大きな地図で見る

京都府京都市右京区嵯峨野開町8-9
(三条通り帷子ノ辻駅より西に160m北側)

※予約優先制となりますので、お電話にてご予約してご来院下さい
※土曜日の午後、日曜午前、祝日午前も保険治療、交通事故治療しています。
※休診日:水曜日
075-861-4755
お問い合わせ 詳しくはこちら